不動産

マンション売却の相場情報を知る~バイバイ売却相場のお得情報~

返済が困難に

抵当権の行使

不動産

住宅ローンが払えずに延滞をしてしまうとやがてローンを組んだ金融機関が競売を行うことになります。ローンを組んだ時にその不動産である家や土地に抵当権がつけられているため、契約にのっとって競売に付されることになります。競売を行うことにより金融機関はそれをお金に換えて債務の弁済にあてていきます。競売に付された物件は裁判所の官報に乗り入札者がいればその物件は入札者に売り渡されることになります。競売にかかった時の落札価格は低く、あった債務を完済できる保証はありません。また金融機関が競売にかかった経費を請求してくることも多く、このような状態に陥った時に不動産の任意売却を行う人も多くいます。任意売却を行うと競売で落札される金額より、一般的には高く売れることから任意売却により不動産の処分をする人が多い現状です。

競売回避の方法

この任意売却を行うには債権者の同意が必要になってきます。債権者は手取りが多いから任意売却でどうぞなどと勧めてきてはくれません。そこで第三者的にこのような交渉や、競売を回避するためのいろいろな情報を持った会社が間に入って交渉をすることがあります。このような会社は競売を回避する方法も持っておりそのまま家に住み続けて行く手段も持ち合わせています。住宅ローンを滞納して任意売却を考えている人にとってはうってつけの会社になっています。全国展開も行っている会社も存在しており住宅ローンなどの返済の仕方の相談にも乗ってくれます。先行きが不安な中住宅ローンを組んでいる人は、いつ返済が困難になるかもしれません。このような会社も存在しているということを頭の片隅でも入れておいてください。